作業効率を良くするために代行サービスを利用する

自分でつくる

出来上がりも早いのです

年賀状に写真を載せる人が増えています。子育て世代の家庭では、とくに子供や家族の写真を印刷した年賀状を送る傾向にあります。自宅のパソコンとプリンターを使って簡単に写真つきの年賀状を作成することもできます。プリンターのインク代はかかりますが、一番手軽にできお得な方法です。 そのほか、写真屋さんに頼むこともできます。使いたいものを持ち込めば、できるので印刷代等はかかっても誰でも頼むことができるのが魅力です。 また、最近人気なのは、スマートホンや、パソコンから頼む方法です。これは、スマートホンやパソコンで撮ったデータをそのままハガキのデザインのテンプレートに使えるのが便利で魅力です。できあがった年賀状のデータを業者に送ると、1週間以内に印刷した年賀状を自宅に届けてくれます。

基本料金はかかります

写真を印刷した年賀状を外部に頼むときは、一般的に基本料金がかかります。そのほか、ハガキのデザインや入れる写真の枚数によっても金額はかわります。入れる枚数が多いほど、金額は高く設定されているのです。 また、年賀状の場合は、年賀葉書の代金もかかります。お店で頼む場合、だいたい50枚ほど頼むと、通常のもので、最低でも、6000円くらいかかるようになっています。 最近人気のスマートホンやインターネットで頼む場合は、基本料金は1000円くらいのことが多く、基本料金を入れて、50枚の年賀用が5000円くらいからできるようになっています。お店に頼むよりも、インターネット上で頼むほうが多少、安くできる傾向にあるのです。